甥っ子に「おばさん」を早く認識してもらいたいんだけど…。

実家で会う甥っ子は日に日に大きくなって、今では私の顔もすっかり覚えてくれて嬉しい限りです。名前を呼ぶと笑いながらこっちを見てくれるし。つい先日まで笑い声なんて聞いたこともなかったのに大進歩です。
ところが昨日用事があって妹の家に行った時のこと。時間も時間だったので昼寝中だったら寂しいなって思いながら家に上がって行くと起きていたんです♪寝顔も可愛いけど、やっぱり起きている時に会いたいもの。嬉しくなって名前を呼ぶと…その表情が「何だ、こいつ」みたいな不審者を見るような顏してた…(T_T)何度呼んでも同じ顏。最後には妹の所に泣きながら行ってしまった時には悲しかったですね。きっと彼の中には“おばあちゃんちで会う私”と“自分の家の中にいる私”とでは違う人物だと認識したんだろう。と、言い聞かせてみるもののショックは大きかったです。自分の子の時はもちろん、こんなことなかったですから。何を差し置いても子供たちは「ママ、ママ」で夫に優越感抱いてたくらいですし。
妹には「そういう時期なのよ」と慰められたけど、我が子が「ママー、ただいま」って学校から帰ってくるまでは気分も上昇しなかった私でした。襟足脱毛 ミュゼ