もう目前にあの日が迫って来ています。
その日というのは占い師に「この日くらいには精神状態が落ち着くでしょう」と言われた日です。
もう明後日なのです。
この方は無料占いしかやっていないという商売っ気がない珍しい方です。
当たってなかったこともあったのですが、この方の今までの占いは日付を結構当てるのが得意な方なのです。
ただ当たっているけどハズレている日もありました。
「この日診察を受けられますよ」と言われた日、日付だけは当たっていたのですが、別の病院の予約を入れている日だったのです。
ピンポイントで当てるというわけではありませんが、何かが起きる日付を的 中させるのは得意な方なので期待しています。
占って頂いたのは先月のことだったのですが、その日が来るまでが長かったです。
本当に落ち着くと言われた日くらいには気持ちが楽に過ごせるようになっていれば嬉しいです。
落ち着いたかどうかは1日で分かることではないので、本当に落ち着いたと思える日が来たら報告したいです。

献立を考えたり、ごはんを作ったりするのが面倒くさいし苦手な私。
しかし、ガツガツ大口でほおばって食べるのは大好きなので、料理番組を見るのは割りと好きです。

そんな私が楽しみに観ていたのがNHK朝の連続ドラマ「ごちそうさん」。
日本の戦前戦後を舞台に食をメインに「生きるチカラ」をテーマとして描いたドラマです。
本放送は途中で観るのをやめてしまっていたのですが、BSで再放送を観てハマりました。

まぁ、料理を考えて作るのが大好きな主人公のめ以子が作る料理の美味しそうなこと!
たとえ材料が足りなくても材料そのものから頂いた命のエネルギーとか、作り手の工夫というか愛情というか、そういったことが食べる人に伝わるのかなぁ…なんか、気持ちがホンワカして幸福感に包まれて元気が出てくる。

そして頂いたエネルギーをもとに、今度は自分が何かを創作していく。
こうして世の中はエネルギーが循環してできている。
あぁ、自分もそんな世の中の循環に入っていきたいなぁ…と思わせられるのです。

また「ごちそうさん」の再放送しないかなぁ。

スーパーで買い物をする場合,夜七時頃を過ぎると生鮮食品やお惣菜を中心におつとめ品が出て来ます。週末や休日はあまり在庫がないのですが,結構良い物が豊富に残っている曜日があります。それは月曜日です。
握り寿司の盛り合わせ550円が半額で売られていると,お得な気分になります。家で料理を作っても1人1食200円は超すので,特に割高にはなりません。
そこでなぜ月曜日に売れ残りが多いか考えてみました。
 あくまでも想像ですが
     �@日曜日にまとめ買いをする人が多いため月曜日にスーパーに行かない
     �A日曜に外食する場合が多いから月曜は家で作る
     �B仕事始めの曜日なのでスーパーに寄らないで早く帰る
などの理由を思いつきました。
 現代のスーパーや百貨店など食品売り場では,データ収集が進んでいるため毎日同じ数量を作らないはずです。
多分月曜は少なめを見込んでいると思うのですが,それでも余り気味なのは不思議な現象です。スーパー関係者に知人がいたら聞いてみたいくらいですね。

 今日は午前中は、支払いに追われていたので銀行に行ったり、コンビニ行ったりと色々とでした。後は、区役所にも行ったかな。色々な手続きをしたり、住民票を取ったりと色々でした。お昼は、かつ丼を食べました。そして、冷うどんと結構な量を食べました。パットを使いながらオークションの操作をしつつ結構な感じで品物を落札されたりしていい感じです。来週から仕事も開始だし、区役所でも手続きが上手く行っていい感じでした。もし早く補足を受けられるならそこの週から日サロへ通うようにしようと思いっています。今の体系で肌を黒く焼いたらどうなるんだろう見たいになってます。少し楽しみなのとすごい期待感で溢れかえっています。日サロと化粧品を買おうと決めているのでまあ黒ギャル風にしたいなと思っています。今からネットとかで化粧の仕方とか調べてます。メモすることが多くあるので大変です。今度は肌を真っ黒に焼きたいと思っています。どうせなのでイメージチェンジを思いっきりやりたいと思っています。

石井あゆみさんのマンガ「信長協奏曲」15巻を読みました。
このマンガでは能無しとして描かれている将軍足利義昭ですが、毛利に仕える僧に羽柴秀長が接触してくるという展開にワクワクしました。忍びはびっくりするような場所にも神出鬼没で現れることができるので、ストーリーが予期せぬ方向に進んで先が読めない面白さがありますね。
この巻は、いまいち信用ならない人物である秀吉から信長を守るため、病で先の短い竹中半兵衛が密かに動く様子を中心に描いた一冊でした。信長の監視役におゆきを選んだところが、竹中半兵衛は見る目があるなぁと感じました。おゆきの信長への忠誠心は並々ならぬものがあるし、いざという時にも頼りになりそうな女忍びってやっぱりかっこいいですね。
毛利の僧と秀吉の密会を知り姿を消した半兵衛を、夜の海を泳いでまで追いかけてきた秀長にはゾッとしました。半兵衛が死んでしまい文は届かなかったのかと思いきや、実はとき丸に託していたんですね。伏線が見事で驚きました。次回とき丸が、おゆきと信長に対面するのが楽しみです。

今日は家に帰ってくる前に、おやつを買い込んで買えることに。そうしたら久しぶりにポテトチップスを見かけてしまいまして。コンソメパンチ久しぶりに食べたいな?って気持ちになったので、思い切って買っちゃいました。100円で買える幸せだなぁなんてつくづく思ってしまいました。
他にもワッフルとかも買ってしまったんですけどね。甘いクリームが大満足って感じでこの組み合わせはやばいなぁって素直に思ってしまいました。今後、再び美味しいものをゲットしたいなって思うとき、しばらくはポテトチップス我慢していたので食べたくなるんだろうなって思ったりしています。
とにかく今日は食べたかったものがたべられたのでかなり満足です。
ただ、これで無駄遣いとかし過ぎないように気をつけたいな?って思いました。時間もムダにせずに、毎日過ごしたいのであれこれ頑張ろうって思いなおして副業とかも頑張ろうって考えているところです。今日のうちに元は取りたいなって思います。

来月にホームパーティーをする予定にしています。おうちに招いて、まだそんなに仲良くない方々と友好を深めようって感じでの催しなのですが、その中で楽しみにしているのは、ひとり寿司屋の料理長さんがいること!これって相当楽しみです。要はプライベートだけども、出張料理人を呼んでいるような気持ちですから。どういう調理をしてくれるのかって、とても楽しみです。出し惜しみするかなって思っていたのですが、ご本人は相当やる気で、何を作ろうかなって考えてくれているみたい。こちらも綺麗にキッチンを掃除して、使いやすいようにしておかなきゃって思います。でも、あまり負担はかけたくないので、きっちりお手伝いも頑張ろう!お勉強させていただく気持ちで楽しみです。そして他のゲストも居心地よくいてくださるように、座布団を用意しなきゃ。あまりゲスト用の座布団はないので、購入しておかなきゃフローリングは居心地悪いですものね。いいパーティーにしたいなって思っています。

子供のおままごとに付き合ってました。結構長いし、イヤイヤながらでしたが夫もいないのでしょうがなく(^^;)もちろん、そんなことは顔には出しませんでしたが…。
最初はお人形と一緒にご飯を食べてたんですがいつの間にか病院ごっこになり、患者は私。オモチャの聴診器を持ってきた子供が「お腹出してくださーい」と言うのでお腹はさすがに我が子でも恥ずかしいなって思ったので背中にしてもらい、「先生、どうでしょうか?」と聞いてみると…。「これは背中のブツブツ病ですね。塗り薬を出しておきましょう」って。どうやら、お腹よりも背中の方が恥ずかしい状態だったようです。ツルっとしてなくてブツブツがあるなんて。子供の事だから冗談ではないだろうことが分かったのでちょっとショックでした。
もちろん、オモチャの薬なんかでは治るはずもないし、絶対にこの遊びは夫とは一緒にやってほしくはない私です。思い出したように「ママの背中はブツブツだらけなんだよ」って悪気なく言いそうなんで(-_-)キャッシング 金利が安いところは

妊娠を期に産休に入り、時間が空いているため家で何もしないのはもったいないと思い始め何かできることはないか。そして今後続けていけることはないか。そんなことを考えながらたどり着いたのが、ミサンガ作りでした。本当はアクセサリーを作りたかったのですが材料費がわりとかかるということでまずは簡単に始められるミサンガに挑戦してみました。刺繍糸は100均で購入出来るしなにかパーツをつけるとしてもそんなに高額なものではなく仕上がるのであくまで趣味ですが楽しく時間潰しをしています。最近はハンドメイドアクセサリーをフリマアプリなどで販売して高収入を得ている方も多いので理想はそこにあるのですがミサンガではそこまでの収入は今のところ期待は出来なさそうです。笑少しずつ出来ることを増やしクオリティをあげていきたいと思いつつやれることを増やしたいとのめり込んでいきそうな気配です子供が産まれてもうまく時間が作れれば作れるかなと思っています。http://thecw.co/

いつもなぜだか毎月家のポストにピザーラのちらしが配布されます。しかも、なぜだかいつも旦那の給料日に配布されるのです。まさかうち経済状況把握されてる、と思うほどグットタイミングなのです。つまりそのナイスなタイミングのおかげで毎月ピザーラをとるという罠にはまってしまっています。自分が結婚する前は、ピザーラは誕生日のようなときでしかとってもらえませんでした。その反動なのかわかりませんが、なんだか頼みたくなってしまうのです。おかげでポイントもたまり、半年に一度くらいはMサイズのピザが無料で食べられてしまうほどお得意様になっています。今回も、ちょうどいいタイミングで広告がはいったのでもちろん頼みました。そして、もちろん食べたあとの幸福感を味わうことができました。きっと来月も同じように頼んでしまうんだと思います。自分が子供のころには考えられませんでしたが、毎月宅配ピザを食べるそんな夕飯も楽しいからいいかなとわたしは思います。