単身生活をはじめてから10年近い年数が通過、一人なので食事はお弁当とか効率のよいスタイルがポピュラーですが、最初は煮物とかきちんとつくっていました。メインでもスーパーのトンカツとかお肉料理の購入は昨年か一昨年、帰宅時間が遅い時にはコンビニ商品を利用していました。それでも食事はきちんと用意するものという認識があったので、主食のご飯は炊飯器、現代風のレトルトパックのご飯は日常的にやや違和感があり、眺めるのみでした。ですがスーパーの安価商品を購入してみたら案外便利、レンジで温めた味と食感はまずまず、最近はお昼用の常備品です。味と食感はよい感じですが夕食にはどうかと思うような食品、一日3食の内でいちばん落着けるのは夕食ですから、冷凍保存でも炊飯器のご飯がベストです。温めるレトルト・パックはご飯ですが、インスタントみたいな感じ、普段のご飯はちゃんとといでから炊飯するものという意識があります。なのでレトルトのご飯はお昼のアイテム、一個の価格としてもベストな商品を選んでいます。脱毛ラボ vio脱毛

最近、AI(人工知能)に関するニュースが頻繁に放送されています。将棋界ではAIロボットと人間との対戦や自動運転の技術開発など多く紹介されています。しかもこのAI技術、思った以上に私達社会の中へ加速度的に広がりをみせている事に大変驚きました。先日、某テレビ番組でタクシーにAI技術を取り入れて配車予想を行い乗車効率を上げている状況を紹介していました。まだ試験的な運用ですが人工知能を理解する上で大変分かり易く必ず身近な存在になってくると実感させられました。このAI技術は簡単に言うならば『ベテランと言われる職人の勘どころをAIに変わり且つ膨大な情報を瞬間的に処理し、その事で更に学習し益々正確性を高めて行く』夢のようなものだと思います。SFの世界では人間の作ったロボットが最後には人間を操ってくるドラマが有りましたがそう言う事がこれから先に本当に起こるかも知れません。AI知能の将棋ロボットはAI同士で戦わせ段々と強くなっていったそうで今だ人間が使った事のない未知の一手をAIは既に手にしている事に何とも怖いような複雑な気持ちになります。